浦和パルコデンタルクリニックはあなたにとってオンリーワンの歯科医院をめざしています

不思議!!ニッポン歯のヒストリー~vol.1 お釈迦様が弟子に歯磨きを指導した!?~

こんにちは、歯科助手の貫井です(。>ω<。)ノ
私からは、日本の歯にまつわる歴史のお話をさせていただきます。

(vol.1)お釈迦様が弟子に歯磨きを指導した!?

古来、日本人は指に塩を付けて歯を磨いていました。
道具が登場するのは6世紀半ば。仏教と共に伝来した楊枝(歯木しぼく)です。
柳の枝で作った楊枝の端を噛みほぐし、歯を掃除していました。
木の枝を使った歯磨きを提唱したのは、お釈迦様。
弟子たちの口が臭いので、読経前の清めに儀式として歯を磨くよう説いたのが始まりとされています。
日本で楊枝を使った歯磨きが庶民に広まったのは江戸時代に入ってからで、歯木の進化版「房歯木ふさしぼく」が登場したのがきっかけでした。
歯磨きに目覚めた庶民のため、江戸中期には歯磨き粉も100種類以上うられていたそうです。

★ お釈迦様はお弟子さんの口臭が気になっていたなんてΣ(゚д゚|||)ちょっと面白いお話しですよね!!
歯磨き粉もたくさん売られていたなんて驚きです!!今では様々な味の歯磨き粉が出ていますが、江戸時代の歯磨き粉の味はどのようなものだったのか気になりますね(´∀`*)

2017/01/27

PAGE TOP

こんにちは!衛生士の岡部です。
本日は歯にまつわる不思議なお話をさせていただきます!


ヒヨコに歯がある!?

かたいくちばしを持つ鳥に歯はありません。もちろんニワトリも鳥ですから、くちばしはあっても歯は持っていないのです。

しかし・・・、なんとヒヨコは歯を持っているのです!

不思議なお話ですが、ふ化したばかりのヒヨコには、上のくちばしの先端に小さな突起があります。これは卵歯(らんし)あるいは破殻錘(はかくすい)と呼ばれていて、この突起が「ヒヨコの歯」の正体です。一般的に歯とは、口腔内にあるものですが、これは内側ではなく、外側についているのです。

ヒヨコはふ化するときに内側から卵の殻を割って出てきます。このとき、この歯が活躍するのです。卵歯を使って硬い殻を破ってヒヨコは外に出てきます。

卵歯は、ふ化後数日で取れてなくなってしまうので、見たことがある人、知っている人も少ないのではないでしょうか。

他にも同じように卵からかえる爬虫類が卵歯をもっています。

鳥の祖先はその昔歯を持っていたのですが、長い年月のなかで失われていきました。その過程で、何を食べて生活してきたのか、どういう環境下にいたのかで歯も変わっていったのですね。

生き物の仕組みは知れば知るほどおもしろいですね!



大切な「歯」を長く維持できるように、3カ月に1回の定期検診の受診をおススメしています!

岡部

2017/01/21

PAGE TOP

院内ミーティング★



こんにちは前回に引き続き衛生士の鈴木ですヾ(o´∀`o)ノ

今日は今年初の院内MTGでした(^^♪

異物誤嚥を患者様がしてしまった時の対応を学びました。
もし患者様が異物誤嚥をしてしまった時しっかり対応できるようよく復習しておきます( ̄^ ̄)ゞ


さてさて今月のキャンペーンの報告をさせていただきます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



初めてご来店の方、、

.ベーシックホワイトニングを受けて頂いた方
茶渋取り&色戻り防止コーティング&2000円ギフト券プレゼント
※2000円ギフト券は8000円(税抜)以上の施術メニュー、コースが対象となります。

.ホワイトエッセンスクリーニングを受けて頂いた方
虫歯予防トリートメント&2000円ギフト券プレゼント


リピーターの方、、

.メンテナンス回数券をご購入頂いた方
BREO-EXプレゼント
※これまでホワイトニングの複数回コースを受けて頂いた方全員が対象となります

.ホットリップエステ5回チケットをご購入いただいた方
リップエステ2プレゼント

.スペシャルクリーニング+歯茎エステ
1万円オフで15000円(税抜)

.リップエステ1+リップエステ2+リップエステ3
先着1000名様4500円オフで6900円(税抜)

.新パーフェクトホワイトニングコース+メインテナンス回数券
7000円オフで89954円+デンティッセ、2000円ギフト券プレゼント



今回もキャンペーンの内容が豊富ですねv(o゚∀゚o)v
ぜひ皆様のご来店心よりお待ちしております(´ω`人)

2017/01/13

PAGE TOP

意外と知らない正しい歯磨きのタイミングとやり方



明けましておめでとうございます。
歯科衛生士の鈴木です(^-^)/

最近急に寒くなってきましたね。。
私も年明け早々風邪をひいてしまいました(;_;)
皆様もお体には気を付けましょう!!


さてさて今回は、、
”意外と知らない正しい歯磨きのタイミングとやり方”について
一緒にみてまいりましょう+.(*'v`*)+


磨き方を間違えると歯や歯茎が減ってしまう!?
食後は、口の中の細菌が糖分を使って酸を作り出すので、歯の表面は酸性状態になり、カルシウムやリンなどのミネラルが溶けだしてしまいます。それが元の中性状態に戻るのに40分ほどかかります。ですから、1日3回「食べたら歯磨き」の習慣をつけ、細菌と歯垢を取り除くことが大切です。目安は食後30分以内です。

食後に歯磨きが出来ない場合は、せめて寝る前だけは必ず入念に磨くように心がけましょう。寝ている間は、細菌の繁殖を抑えてくれる唾液の分泌が日中に比べて減少するので、口の中の自浄作用が低下して歯や歯茎がむしばまれ、歯周病や虫歯などが進行してしまいます。

さらに、朝起きてからの歯磨きも重要です。寝ている間に増殖した細菌を減らす効果があるからです。ただし、朝1回歯磨きをしたからといって、朝食後はしなくてよいということではありません。
寝起きに1回、食後に3回。「食べたら磨く」は鉄則です!!

歯周病の進行を防ぐために日々のブラッシング、定期的なクリーニングは受けるようにしましょう!!!






2017/01/10

PAGE TOP

口内炎ができてしまった場合の対処法

こんにちは歯科衛生士の眞部です。
明けましておめでとうございます。本年度も宜しくお願い致します。(*^▽^*)

口内炎が急にできて困った事ありませんか?できてしまった場合の対処法として
1、洗口剤で口をゆすぐ。
 口内炎で潰瘍を形成すると二次的に細菌感染が起こります。
 イソジンや殺菌成分の入っている洗口剤でしっかりお口をゆすぎましょう。

2、塗り薬、貼り薬を使う。
 塗り薬は唾液と混ざると固まって外からの感染を防ぐことができます。
 また、規則正しい食生活と常にお口の中を清潔に保つことで口内炎の予防になります。
 なかなか口内炎が治らない場合、よくできる場合は歯科医院でみてもらいましょう。

2017/01/06

PAGE TOP