浦和パルコデンタルクリニックはあなたにとってオンリーワンの歯科医院をめざしています

8月院内ミーティング

こんにちは、衛生士の岡部です!

今月も院内ミーティングを行いました。
ミーティングでは、治療中の緊急の体調不良に備えて緊急時対応の練習をしたり、患者さまから頂いたアンケートのお声を共有し、
より皆様に通って頂きやすい医院、安心して頂ける医院を目指しています。
患者様のご意見がとても為になりますので、ぜひどんなに小さなことでもお気づきの点がございましたら院内にありますご意見BOXをご利用ください。

今後もよりよいい医院を目指して邁進してまいりますので宜しくお願い致します。

岡部

2017/08/26

PAGE TOP

不思議!!ニッポン歯のヒストリー~vol.4 日本は入れ歯先進国だった! ~ 

こんにちは、歯科助手の貫井です(。>ω<。)ノ
私からは、日本の歯にまつわる歴史のお話をさせていただきます。

全部で4つの歴史をご紹介致します。今回がラスト!!!
入れ歯についてです!

現存する日本の最古の入れ歯は1538年に74歳で他界した尼僧の木製の入れ歯。木製の精巧な入れ歯は世界にも類がなく、日本では明治の半ばまで木製の入れ歯が作られていたそうです。
木製の入れ歯は、室町時代に仏像を彫る仏師たちによって作られるようになりました。彼らは上顎にぴったり沿うよう
つげの木を彫り、台と上顎との間を真空状態にして吸着させるという現在とほぼ同じ作りの木製の入れ歯を生み出しました。
土台は木製、歯は蝋石で、奥歯は硬い物も噛めるように銅や銀の釘が打ってできていたそうです!!
西洋での入れ歯は作りが異なり、見た目は綺麗ですが食事には不向きだったようで吸着タイプが開発されたのは1800年。となると日本では200年以上進んでいたことになります。

昔の物とほとんど変わらない入れ歯が作られていると改めて考えると、日本人の技術の高さや使う人の気持ちを考えて作る気遣いが素晴らしいと感じました。なんだか勝手に誇らしげになってしまいます!!( ̄^ ̄)ゞ
ただ、いくつになっても!なるべく入れ歯は使わずに自分の歯で食事を楽しみたいものですね!!!
頑張って自分の歯を残しましょう+゚。*(*´∀`*)*。゚+

2017/08/24

PAGE TOP

ホワイトニングをすることのメリット

こんにちは、歯科衛生士の岡部です★

今日はホワイトニングについて少しお話をさせていただきます(^∇^)ノ

皆さん、ホワイトニングにどんなイメージをお持ちですか?
痛いかも…、高そう…、歯に悪いのかな…と不安に思っていらっしゃいませんか??

近年のホワイトニングは歯に害がなく、痛みなく行なえ、よりリーズナブルに進化してきております!
ホワイトニングは歯のお色を白く、綺麗にするのですが、ただそれだけではありません。
歯が白くなると、笑顔の印象、お顔全体の印象まで変えてしまうのです!!

暗い歯の印象は老けて見えたり、不衛生に見えたり、汚い印象に見えてしまうのですが、
ホワイトニングをして歯を白くするだけで、全体の印象が明るくなり、歯並びも整ってみえ、清潔感、若々しさ、さわやかさがアップします!更にお顔の肌の印象まで変わり、透明感がアップするのです!

歯を白くするだけでこんなにもメリットがあるなんて驚きですよねヾ(・∀・)ノ
少しでも興味があるかた、色にお悩みの方、なかなか勇気が出ない方などいらっしゃるかと思いますが、
1人1人にあったホワイトニングのご提案が出来ますので、是非、ご相談にだけでもいらしてくださいね!!

岡部

2017/08/19

PAGE TOP

歯の劣化で味覚もダメになる!?



こんにちは☂歯科衛生士の鈴木です♪
なんだか最近雨ばかりですね…。

”歯の劣化で味覚もダメになる!?"

ってことはご存知でしょうか。

お年寄りの歯の病気で最も問題になるのは、虫歯、歯周病、歯槽膿漏です。

加齢により味が薄くなった、味が全くしない、何も食べていないのに
いつも苦い味がするといった味覚障害がよく見られます。

その原因として考えられるのが入れ歯による刺激や、心理的な原因、
また薬の副作用や亜鉛の欠乏、ドライマウスなどの口腔疾患、嗅覚障害による
風味障害など様々で、複数の原因が絡み合って発症することもあります。
口のなかの汚れや唾液の減少なども、味覚を鈍らせる原因になるので、
こまめな口腔内ケアで口の中を清潔に心がけるようにしましょう!!

2017/08/10

PAGE TOP

歯茎も夏バテ?

皆さんこんにちは。暑い日が続いていますが体調は大丈夫ですか?
暑いと体が夏バテをおこしますが歯茎も夏バテします。
歯茎はお口の中で常にバイ菌と戦っています。
夏の暑さで体の免疫が落ちるとバイ菌に負けやすくなります。
いつもと同じようにお手入れをしていても免疫力が落ちると
少し弱っていた歯茎や親知らずの周りなど
問題のある場所を磨き残ししていると突然腫れてきたり、痛みがでたりします。
定期的に歯医者さんで歯石をとってもらったり、睡眠とバランスの良い食事を心がけて暑い夏を乗り切り、お口の健康を守りましょう。

2017/08/04

PAGE TOP