FC2ブログ

浦和パルコデンタルクリニックはあなたにとってオンリーワンの歯科医院をめざしています

インプラント講習

5月に入り暑くなってきましたね。如何お過ごしでしょうか?

以前ご紹介したインプラント講習会に行って参りました。講師は昭和大学教授(歯科理工学)の宮崎先生です。
さてみなさんは我々歯科医は色んな材料を使って、口元の見た目や噛む機能を回復していますがどのような材料があると思われますか?
金属、セラミックス(ポーセレン)、レジン(アクリルレジン)、複合素材(コンポジットレジン)などがあります。

当然それらの材料の特性を理解して治療を行っています、前歯の目立つところはセラミックス、入れ歯の金具は金属、小さなむし歯はコンポジットレジンといった具合です。さらにそれぞれの材料も細かく種類が分れていて、適材適所で使っていきます。

そしてインプラントはチタンといった金属を使っています。このチタンという金属の特徴はなんと骨とくっついてしまうということです。
もちろん、チタンを使ったインプラント自身は身体の中特に骨に入れる材料なので、国の医薬品医療機器法(昔の薬事法)の高度管理医療機器のクラスIIIに分類され、日本で使用するにはそれぞれ厳しい試験、検査を受けなければ使用できません。

その他CAD/CAM(NC旋盤の技術)を使った被せものや、昔よりも何倍も強いポーセレン等、10年前には無かった材料や方法が導入されてきています。

これら新しい技術がどんどん導入される度に、我々医療従事者も知識や技術の向上に努めなければいけないのは言うまでもありません。

院長
スポンサーサイト

2016/05/09

PAGE TOP

プロフィール

住所:〒330-0055
埼玉県さいたま市浦和区
東高砂町11-1
浦和パルコ地下1階
TEL:0120-916-7018
営業時間
月~金曜 10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
休診日:月曜日

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム