FC2ブログ

浦和パルコデンタルクリニックはあなたにとってオンリーワンの歯科医院をめざしています

上下の歯が常に接触している人は危険度Up!

みなさんこんにちは、9月にはいってもまだ厳しい暑さですね。。。。
助手の岡村です!

上下の歯が常に接触しているととっても危険です。
本来、上下の歯は、会話、食べ物を噛む、食べ物を飲み下す動作をするときに瞬間的に接触するだけであって、1日の接触時間は20分以下です。
口を閉じている時は1~2ミリの隙間があるのが正常な状態です。

考え事やテレビを見ているときなどに上下の歯が接触したままになっていると口を開ける筋肉と閉じる筋肉のバランスが崩れて
たとえ噛んでいなくとも口を閉じる筋肉が働いてしまいます。

すると、筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担が増えてしまうのです。

近年は、歯軋りやくいしばりとは違う無意識のうちの上下の歯の軽い接触をしている現代人が急増しています。

その結果、頭痛・肩こり・首こり・腰痛・顎の痛み・耳鳴り・めまい・息苦しさを感じることも多いといわれています。

みなさん顎の関節の確認を是非してみてはいかがですか?

スポンサーサイト

2016/09/06

PAGE TOP

プロフィール

住所:〒330-0055
埼玉県さいたま市浦和区
東高砂町11-1
浦和パルコ地下1階
TEL:0120-916-7018
営業時間
月~金曜 10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
休診日:月曜日

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム