浦和パルコデンタルクリニックはあなたにとってオンリーワンの歯科医院をめざしています

口呼吸から鼻呼吸にするだけで歯周病になる確率が下がる

こんにちわ歯科助手の貫井です(。>ω<。)ノ急に寒くなりましたが皆さんご体調はいかがでしょうか??

Qもしかして口呼吸?!
1つでも該当していたら口呼吸かもしれませんw(゚o゚)w

□ 無意識の時、口が半開きになっていることが多い   
□ よく滑舌が悪い、聞き取りにくいと言われる       
□ 食べる時、くちゃくちゃと音をたてる                                   
□ 睡眠から起きたとき、喉が痛いことがよくある
□ 口内炎がよくできる                     
□ 唇の乾燥がとても気になる
□ かなりの早食いである
□ 歯並びは悪いほうだ
□ いつも片方だけで噛んでいる

皆さんは該当する項目はありましたか??
さて、今回は無意識にしている口呼吸のデメリットについてご紹介致します!!!

口呼吸のデメリットは、
分泌された唾液がすぐに乾いてしまうので再石灰化による修復が出来なくなり、虫歯や歯周病を進行させてしまうことです。
口呼吸などで長時間口が開いていると、口の周りの筋肉が緩み、前歯は舌の弾力のある力でだんだん押し出され、噛み合わせが悪い状態になりやすくなります。
舌の位置がのどの方に下がる為、いびきをかきやすくなり、睡眠時無呼吸症候群の危険もあると言われています。
舌が乾燥することにより味覚が鈍ったり、口臭の原因にもなるといわれているんです。

★口呼吸は歯やお口の中だけではなく、細菌やウイルスなどが直接体内に入ってしまうので病気にかかりやすくもなります。。。もし、口呼吸をしているなと感じたら意識して鼻呼吸をするようにしてみて下さい!!一緒に頑張りましょうp(*^-^*)q
スポンサーサイト

2016/10/14

PAGE TOP

プロフィール

住所:〒330-0055
埼玉県さいたま市浦和区
東高砂町11-1
浦和パルコ地下1階
TEL:0120-916-7018
営業時間
月~金曜 10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
休診日:月曜日

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム