浦和パルコデンタルクリニックはあなたにとってオンリーワンの歯科医院をめざしています

こんにちは!衛生士の岡部です。
本日は歯にまつわる不思議なお話をさせていただきます!


ヒヨコに歯がある!?

かたいくちばしを持つ鳥に歯はありません。もちろんニワトリも鳥ですから、くちばしはあっても歯は持っていないのです。

しかし・・・、なんとヒヨコは歯を持っているのです!

不思議なお話ですが、ふ化したばかりのヒヨコには、上のくちばしの先端に小さな突起があります。これは卵歯(らんし)あるいは破殻錘(はかくすい)と呼ばれていて、この突起が「ヒヨコの歯」の正体です。一般的に歯とは、口腔内にあるものですが、これは内側ではなく、外側についているのです。

ヒヨコはふ化するときに内側から卵の殻を割って出てきます。このとき、この歯が活躍するのです。卵歯を使って硬い殻を破ってヒヨコは外に出てきます。

卵歯は、ふ化後数日で取れてなくなってしまうので、見たことがある人、知っている人も少ないのではないでしょうか。

他にも同じように卵からかえる爬虫類が卵歯をもっています。

鳥の祖先はその昔歯を持っていたのですが、長い年月のなかで失われていきました。その過程で、何を食べて生活してきたのか、どういう環境下にいたのかで歯も変わっていったのですね。

生き物の仕組みは知れば知るほどおもしろいですね!



大切な「歯」を長く維持できるように、3カ月に1回の定期検診の受診をおススメしています!

岡部
スポンサーサイト

2017/01/21

PAGE TOP

プロフィール

住所:〒330-0055
埼玉県さいたま市浦和区
東高砂町11-1
浦和パルコ地下1階
TEL:0120-916-7018
営業時間
月~金曜 10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
休診日:月曜日

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム